宇都宮の記帳代行・経理代行ならお任せください!宇都宮 経理・記帳代行サービス|株式会社 宇都宮経理サポートセンター

宇都宮 経理サポートセンター 宇都宮を中心として、記帳代行、給与計算、決算、資金調達を徹底サポート!

  • HOME
  • 会社案内
  • アクセス
  • 料金表
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
TSUTAYA作新学院前店より3分!駐車場完備 / 受付8:30~18:00 初回電話相談・メール相談無料! まずはお気軽にご相談下さい! 0120-055-715

メールでのお問い合わせ

会社設立+助成金サポート

会社設立と同時に助成金をご希望の方向けのお得なパックサービスです。

公的機関・民間機関問わず、返済が必要な融資に比べて、助成金は返済不要のお金です!
さらに、融資は金利も発生しますし、第三者保証や土地・不動産等の担保を求められるケースが多いです。

資金調達とひとくくりに考えられることもありますが、助成金は返済する必要があるかないかという大きな違いがあります

このプランでは、お客様の会社に最も適した助成金の無料診断と、その前後の複雑な手続きを会社設立と同時にサポートいたします。

もちろん会社設立手続きは完全代行致しますので、お客様の負担はほとんどありません

ご希望の会社設立サービスに加え、20%~の成功報酬をいただければ、どなたでも助成金のサポートをさせていただくサービスです。


しかも、会社設立の費用も最安値で助成金のサポートを受けられるサービスです! 

 

 

株式会社を作る場合

  当社で設立した場合 他社で設立した場合 自分で設立した場合
 登録免許税 150,000円 150,000円 150,000円
 定款認証手数料 50,000円 50,000円 50,000円
 定款認証印紙代 0円 0円 40,000円
 定款の謄本交付手数料 2,000円 2,000円 2,000円
 行政書士等委託手数料 18,000円 約84,000円 0円
 会社設立成功報酬 0円 0円 0円
 助成金獲得成功報酬 助成額の20%~ 助成額の20%~ 0円
 合計 220,000円 286,000円 242,000円

自分で設立するよりも約22,000円、他社と比べても約66,500円もお得!

 

 

合同会社を作る場合

  当社で設立した場合 他社で設立した場合 自分で設立した場合
 登録免許税 60,000円 60,000円 60,000円
 定款認証手数料 - - -
 定款認証印紙代 - - 40,000円
 定款の謄本交付手数料 - - -
 行政書士等委託手数料 20,000円 約84,000円 0円
 会社設立成功報酬 0円 0円 0円
 助成金獲得成功報酬 助成額の20% 助成額の20%~ 0円
 合計 80,000円 144,000円 100,000円

※合同会社に定款認証はありません。

 

 

助成金の種類

助成金について、もう少し詳しく見ていきます。
助成金には、大きく分けて経済産業省所管のものと、厚生労働省所管のものがあります。

1)経済産業省所管の助成金

主に新技術や新製品の研究・開発やIT事業などの専門分野を対象にしているため、かなり厳格な審査が待ち構えており、必ず受給できるものではありません。

2)厚生労働省所管の助成金

事業主が納付する雇用保険料をその原資にしているので、創業後、従業員を雇用して雇用保険に加入することが申請の前提条件となりますが、条件さえ満たせばどんな会社でも必ず受給できます。会社設立後に従業員を雇うことを考えている経営者の方は、こちらをよく覚えておいてください。

一目瞭然ですが、起業する時に狙いやすいのは厚生労働省所管の助成金となります。
厚生労働省の助成金には、起業当初に受給できる数十万円~数百万円規模の助成金が複数あります。

要求される条件についても、起業前から助成金獲得を視野に入れながら会社設立することで、どんな準備をすれば良いのかがはっきりと把握出来るため、起業時が助成金受給の最大のチャンスとなります。

 

 

助成金受給は 「タイミング」 が命です!

また、助成金受給には、ひとつ大きなポイントがあります。それはタイミングです。

助成金受給要件の中には、会社設立前に届け出が必要なものや、人を雇用する前に届け出が必要なものがあります。タイミングを逃してしまうと、本当はもらえるはずだった助成金を受け取れない事になってしまいます。

融資との大きな違いがもうひとつあります。

融資は審査が通れば速やかに実行されます。
日本政策金融公庫の場合、申し込みから融資実行まで1カ月~1カ月半といったところです。

それに対して助成金は、起業当初にかかった設備投資や人件費の一部が半年~1年後に返ってくるというような感じです。

融資は実行されたお金を使って設備投資や運転資金としますが、助成金は先に払ったお金が後から戻ってくると考えておいてください。 

 

 

当社の強み 「設立後のトータルサポート」

当社の強みは、税理士・行政書士・社労士等の専門家ネットワークにより、会社の運営に関する総合的なサポートが可能である点です!

起業・会社設立の際に最も必要なもの、それは間違いなく事業資金(キャッシュ)です!

資金調達から資金繰り・節税に関するアドバイスに加え、助成金や融資などのお金の取得方法もアドバイスが可能です。

自信をもって、お手伝いができるのはこうしたバックボーンに裏付けられております。
まずは、お気軽にお問合せください。

 

会社設立+助成金サポートプランのサービス内容

1)助成金診断サービス
2)助成金申請代行サービス
3)電子定款の作成(事業目的のチェックやご相談)
4)電子定款の認証作業の代行(公証役場とのやり取りもお任せください)
5)法務局へ提出する書類の作成(提携事務所と共同で進めます)

※お客様にお願いするのは、会社の基本事項の最終決定、印鑑証明書の取得、資本金の払い込み、会社実印の作成及び書類への押印のみとなっております。

 

助成金サポートの費用について

会社設立成功報酬 助成額の20%~

※送料や実費分等のご負担をお願い致します。

 

支払い先の内訳

●定款認証手数料・謄本取得費用:50,000円 ⇒ 公証人役場
●会社設立における登録免許税:150,000円  ⇒ 法務局(税金)
●助成金成功報酬:助成額の20%~      ⇒ 当社

※会社設立時の登記申請は協力先司法書士に依頼いたします。

 

お客様にご用意いただくもの

●資本金
●資本金を出す人(発起人といいます)の印鑑証明書
●取締役に就任する人の印鑑証明書
●会社の印鑑(会社の代表印は、法務局に登録します)
●お申し込み者本人を確認できる証明書(運転免許証・健康保険証)のコピー

※犯罪収益移転防止法により本人確認を義務付けられています。ご協力をお願いします。
※資本金を出すのが法人の場合、法務局に登録されている会社の代表印の印鑑証明書と、登記簿謄本が必要です。

 

 

免責事項

以下の項目に当てはまる場合については、会社設立が遅延する場合がございます。

1.お客様のご対応時間、書類の準備に不備等がある場合。
2.定款認証の際の公証人の予約が埋まってしまっている場合。
3.その他交通障害等の予測不能な不可抗力が発生した場合。

こうした場合の遅延については、ご理解のほどお願い申し上げます。

 

会社設立に必要なもの

1.個人の実印
2.会社代表印
3.払込証明書(通帳のコピーなど)
4.個人の印鑑証明書

※出資者が法人の場合、登記簿謄本(履歴事項証明書)・法人の印鑑証明書が各1通必要となります。

 


ImgTop3

ご質問やお問い合わせはお気軽にどうぞ!


サービスに関するご質問・お見積りのご依頼は無料です 電話またはメールにてご連絡ください 0120-055-715
 

お客様の声 無料相談会 アクセス
選ばれる14の理由   費用について   ご相談の流れ


低価格で会計・経理記帳を代行します!月々わずか980円~

 

丸投げサポート59,800円~

お気軽にご相談お問合せ下さい 0120-055-715 受付時間8:30~18:00
無料相談はこちらメールでのお問い合わせ

お気に入り登録料金表スタッフ紹介アクセス

MAP

栃木県宇都宮市北一の沢町7番8号

 

体験者の声

会社名:MINATO株式会社

MINATO.png 石島会計さんとのおつきあいは先代の社長が会社を設立したときからです。長年のおつきあいの中で当社は社長も会計担当者も変わりました。

続きはこちら


体験者の声

会社名:株式会社太助

MINATO様2.png まず、私の専門分野である、漢方医学から立ち上げました。会社を立ち上げてからは、いろんな方々から逆にお世話になって、色々と助けていただき、とてもありがたかったです。

続きはこちら


体験者の声

会社名:オフィス建

建.png 設立時にいくつかの会計事務所からDMが届きました。その中から写真掲載がありアットホームな雰囲気が目に留まりました。

続きはこちら